耐震+制震システム【コラボパワー】

構法特性

コラボ復元構法

木造住宅の耐震設計上の弱点を克服

開口部補強部材(まぐさ、窓台)

従来構法では耐震性が「ゼロ」とみなされていた木造住宅の開口部に「まぐさ」や「窓台」などの構造補強部材設置することで、建物の強度を高め、揺れや変形を低減します。

fukugen

木造軸組の復元力をさらに高める「特殊金物」

木造の軸組には、元々、変形が生じた際に元の状態に戻そうと働く力「復元力」が備わっています。その力をさらに高めるのが、このコラボ復元構法に用いる特殊金物です。窓台やまぐさ、柱に変形が生じると特殊金物が縮み、直角の状態に戻ろうとすることにより、地震後の残留変形を抑制します。

お問い合わせフォームはこちら TEL 03-5155-2664 9:30 〜 17:30(土日祝は休業日)