耐震+制震システム【コラボパワー】

実証性能評価試験

コラボ復元構法

共同研究開発を実施している早稲田大学創造理工学部建築学科 曽田研究室の実験結果により、コラボ復元構法の性能が実証されています。

sota早稲田大学 創造理工学部建築学科 曽田 五月也教授

阪神・淡路大震災クラスの大地震の揺れに対し、従来構法に比べて、最大応答変位は約1/3程度、地震後の残留変形は、約1/10程度に抑えます。

fukugen_test

「新たに提唱する耐震+制震システムは、ダンパーの性能が安定していること、その価格が低廉であること、設置する壁の開口部を十分に確保できること、施工が容易であること、等々を考慮して、主に圧縮力を発揮するオイルダンパーを軸組架構の仕口に方杖状に設置することを特色とするものです。また、随所に構造補強部材を設置することは、単に構造強度を上げるばかりでなく、残留変形を防止することにも極めて効果的です。高精度で生産されるオイルダンパーを設置することで、木造建物の耐震安全性能がさらに安定して発揮されることになります」

お問い合わせフォームはこちら TEL 03-5155-2664 9:30 〜 17:30(土日祝は休業日)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ハウジング・ソリューションズ All Rights Reserved.